【危険度マックス】平昌五輪会場設備が爆発炎上起こり得る!!国際スポーツ連盟が指摘 #東京五輪 #オリンピック #followme

【危険度マックス】平昌五輪会場設備が爆発炎上起こり得る!!国際スポーツ連盟が指摘

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

冬季平昌五輪に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

TBSの夏目三久は、国力の差、技術力の格差とか理解できていな

[ニュース、政治、国際情勢|政治、社会問題]TBSの夏目三久は、国力の差、技術力の格差とか理解できていない痴愚なんですか。 《 司会の夏目三久「日本も同じようなことになるのでしょうか」 》 ・ 東京五輪・パラリンピックは競技施設問題で混乱しているが、韓国・平昌(ピョンチャン)の冬季五輪は開催まであと476日というのに、こちらも大混乱だ。迫っている韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の現状は東京以上に大混乱だ。 ピョンチャン五輪の開催が決まったのは5年前だ。 経済効果に韓国民の夢が膨らんだが、東京と同様に、実際に膨らんだのは開催費用で、当初予算8000億円だったのが1.5倍の1兆2000億円になった。 IOCはソリ競技施設の建設を中止し、競技施設のある日本の長野市で分散開催する案を検討したが、韓国内で猛反発が起き断念した経緯がある。 会場の欠陥露呈しアクセス鉄道は鉄橋崩落 今年(2016年)1月には、大会組織委員会の会見に工事代金未払いを訴える業者が乱入し、激しく抗議する騒ぎがあった。 「現場で働いている俺たちは金を受け取っていない。ここで何の会議をしようっていうんだ」「こんな状態で世界的なオリンピックをやるっていうのか」と騒いだ。 8月には、開会式を任された演出家が突然辞任した。 「仕事をした半年間分の報酬が1銭も払われていない」という理由だった。 競技場の欠陥が相次ぎ露呈したり、オリンピック用の高速鉄道の工事で鉄橋が崩壊する事故も起きている。 司会の夏目三久「日本も同じようなことになるのでしょうか」 htp://www.j-cast.com/tv/2016/10/20281301.html

早めにオリンピックを返上したら、良いと感じませんか。 ・ 2

[ニュース、政治、国際情勢|政治、社会問題]早めにオリンピックを返上したら、良いと感じませんか。 ・ 2016年10月31日、韓国・KBSはこのほど、18年に開催される韓国・平昌冬季五輪の準備が遅れており、国民から不安の声が上がっているが、その背後には、朴槿恵大統領から演説文や機密文書などを事前に受け取り、大統領府の人事や外交など国政全般に介入していたとされる疑惑「崔順実(チェ・スンシル)ゲート」が隠れていると報じた。 平昌五輪の開幕が約1年後に迫っているが、開会式や閉会式の会場となるメインスタジアムの工程率はわずか27.5%。紆余(うよ)曲折の末、メインスタジアムは五輪旗と五行を象徴する五角形に決まったものの、設計が遅れる中で事業費が367億ウォン(約33億円)も増えた。 原因はスイスのヌスルリ社を事業に参加させることに固執し、最終的な決定が6カ月以上も遅くれたためだという。 ヌスルリ社とは、崔氏が所有するザ・ブルーKが了解覚書(MOU)を締結した会社。 五輪組織委員会が「ヌスルリ社のコンセプトが合わないため、提案を受けることができない」と反対したが、文化体育観光部からの強い圧力があったという。 これについて、文化体育観光部は「費用を減らすために海外の会社を推薦しただけ」と釈明した。 しかし、五輪組織委員会が最後まで反対を貫いたため、結局ヌスルリ社は脱落することになった。 また、マスコットの発表も大幅に遅れた。当初はトラとクマが選ばれていたが、文化体育観光部のキム・ジョンドク前長官が突然、珍島犬に変更するよう指示を出した。 しかし、五輪組織委員会は「犬を食用にする韓国のイメージと合わない」と判断。 最終的には国際五輪委員会(IOC)まで反対したため珍島犬のマスコット案は通らなかった。 これについて、文化体育観光部は「よく分からない」と述べ、詳しい言及を避けた。 この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。 「大韓民国の全ては崔順実のものだったということか…。厳しい処罰を与えよう」 「ここは崔順実国だった。セウォル号沈没も崔順実が招いた事故に違いない」 「ここまでくると、崔順実が介入していないものを見つける方が難しそう」 「崔順実がいなくなったら、五輪開催も延期されてしまうの?」 「崔順実を韓国から追放し、五輪の開催権を返上するべき」 「崔順実ゲートは想像を超えている。関連報道を見ると、怒りとストレスで病気になりそう」 「世界の人々が参加する五輪にも介入していたなんて!国際的な恥さらしだ」 「平昌五輪が韓国のイメージを失墜させる大会になることは明らか…」(翻訳・編集/堂本) htp://www.recordchina.co.jp/a153872.html

========== 無料でダウンロードできます ==========

1. 要約!世界最新ゴルフ上達プログラム

2. 【簡単に要約】速攻!パワーインパクトゴルフ

3. ■一体、何をすればいいんだ?正しい理論は何なのか?それをお教えします。究極のゴルフ上達法!

4. 【ゴルフ】トッププロ横田真一の「バンカー、アプローチが100倍上手くなる方法

========== 無料でダウンロードできます ==========

2018平昌冬季五輪の日本の資金援助[ニュース・災害・社会制度>ニュース・時事問題>政治]

2018年に韓国で冬季オリンピックが開催されますが、さまざまな競技施設が未着工、インフラ工事も進捗していないそうです。 理由の一つに経済的にきついのが挙げられており、一部には日…

平昌冬季五輪開催とIOCの責任[ニュース・災害・社会制度>ニュース・時事問題>伝統文化・伝統行事]

財政的な問題で開催が危ぶまれていると言うネット上の報道を目にします。 しかしそれ以前にここは雪が積もらない所だそうです。 そこで質問です。 まずは五輪開催が危ないと言うネッ…

More from my site